グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  受診される方へ >  診療のご案内

診療のご案内


手術以外の一般診療について


白内障

白内障(はくないしょう)は、眼内にある水晶体というレンズが濁り見えにくくなる病気です。年齢によるものが多いですが、強度近視に伴うもの、糖尿病に合併するもの、ステロイドホルモンの副作用によるものなど様々な原因で生じます。
点眼で進行を抑える治療をする場合は3カ月から6カ月に1回の通院を行います。
点眼治療で治ることはありません、かすみむ、まぶしい、だぶって見えるなどの症状が辛くなれば手術を行います。

緑内障

緑内障(りょくないしょう)は眼の奥にある視神経が障害され視野が狭くなり、放置すれば失明する可能性のある病気です、40歳で20人に1人、70歳で10人に1人緑内障にかかっています。
症状はほとんどありません、末期に近くなると視野の狭窄により気が付くことがあります。
治療は点眼で行います、緑内障専用のサプリメントもありますが治ることはなく、一度進行して狭くなってしまった視野は元に戻すことはできません。
通院は進行の状況により1カ月から3カ月に1回の診察を行います、半年に1回は視野検査を行い、今後の進行予想を確認します。
点眼やサプリメントで進行を抑えることができなければ手術を行いますが、手術を行っても失われた視野は元に戻らす、完全に進行を止めることはできません。

近視

オルソケラトロジー治療 (近視の矯正、近視の抑制)

近視は1度進行してしまうと元に戻すことはできません、オルソケラトロジーは就寝中にハードコンタクトレンズを装用し、日中は裸眼で良好な視力が得られる治療です。
レーシックなどと異なり手術ではないためハードコンタクトの装用を中止すれば元の状態に戻ります。
また、近視の進行している子供に使用すると近視の進行をゆっくりにする効果があります、コンタクトを使用するリスクは通常のコンタクトレンズと変わりません。

遠視

子供の遠視

子供の場合強すぎる遠視があると、内斜視や弱視(メガネをかけても見えない)の原因となります、見つけ次第完全矯正したメガネの装用と状態によっては弱視の訓練が必要です。

コンタクトレンズ・眼鏡 処方

一般のコンタクトレンズ、メガネの処方箋の発行を行っています、コンタクトレンズは院内で購入することもできます。コンタクトレンズを装用する場合は未成年は6カ月に1回成人は1年に1回の診察を行います。

角膜疾患

ドライアイ

ドライアイは多くの場合、涙が目の表面にうまく付くことができないため、目の表面が乾燥します。乾燥した目の表面に涙を供給するために余計に涙がでます。
本を読んでいたり、テレビを見ていると潤んでくる、外に出たり、風が強いと涙がでる、瞬きをすると異物感がある、糸を引くめやにがでるなどの症状があります。
完全に治すことはできないため、点眼薬や涙点プラグなどを使用して症状を軽減させる治療を行います。

角膜潰瘍

円錐角膜


結膜疾患

細菌性結膜炎

流行性角結膜炎

アレルギー性結膜炎

アレルギー性結膜炎は有名なものではスギ花粉による花粉症があります。その他にも初夏のイネ科の雑草、秋のブタクサなどの時期的なものや、ハウスダスト、カビ、コンタクトレンズによるもの、黄砂によるもの、まつ毛のエクステによるものなど様々なものがあります。原因がわかっても除去が困難なものが多く、主に点眼で症状をおさえる治療を行います。

翼状片

結膜弛緩症

眼瞼疾患

眼瞼下垂症

眼瞼内反症

霰粒腫

麦粒腫


網膜硝子体疾患

糖尿病網膜症

黄斑前膜

加齢性黄斑変性症

黄斑前膜

網膜静脈閉塞症

網膜動脈閉塞症

中心性漿液性脈絡網膜症


ぶどう膜疾患

ぶどう膜炎

視神経疾患

視神経炎

視神経脊髄炎

薬剤性視神経炎(エタンブトール視神経症)

うっ血乳頭


小児・斜視・弱視

遠視による弱視

外斜視

内斜視